読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みどりねこ日記

よくわからないけど、頑張りますよ。

Haskellモナドトランスフォーマー(11)

Haskell

liftの実装はわりと素直です。MaybeTトランスフォーマーの場合を見てみます。

instance MonadTrans MaybeT where
	lift mon = MaybeT (mon >>= return . Just)

内側のモナドを値に適用し、サンドイッチで言う真ん中までの処理を行ったあと、>>=演算子と型コンストラクタを使用して最下層のモナドを真ん中のスライスの下に潜り込ませます。その後、MaybeTコンストラクタを使用してサンドイッチを完成させます。関数liftを使用することで、3つの層をもつモナドサンドイッチに変換することができます。

liftMがどの型に対しても適用できる関数であるのに対して、liftが個別の定義が必要である理由を考えてみてください。